ABOUT US
企業情報

抗ウイルスコーティングのパイオニア企業
ナスクナノテクノロジー

ナスクナノテクノロジー株式会社は、ウイルス感染予防コーティングのパイオニア企業です。

新型インフルエンザが蔓延した2009年、日本の水際対策として、空港では世界で初めて、関西国際空港でウイルス感染予防策として、当社の抗ウイルスコーティングが採用されました。

現在では、さまざまな施設で抗ウイルスコーティングが施工され一般的な認知が高まりつつあります。当社はその先駆けとして、空港をはじめ、病院、ホテル、学校、美術館、劇場など長年にわたり多くの公共施設の実績を積んでおり、海外でも高い評価を得ております。

また、世界の保健衛生環境の改善とサステナブルな産業振興に関わる技術としてSDGsに貢献しており、その実績から国連機関のサステナブルプラットフォーム「STePP」に登録された、日本発の優れた技術です。

ナスク ナノテクノロジーの軌跡

関西国際空港の採用はニュースでも話題に

イギリスのセキュリティ雑誌でも注目されました

UNIDO (国際連合工業開発機関) のナスク掲載ページはこちら

STePP

海外への販売活動も拡大しています(台湾でのPR動画)

会社概要

名称
ナスクナノテクノロジー株式会社
所在地
〒107-0052
東京都港区赤坂 4-9-25 新東洋赤坂ビル 4階
電話番号
03-6455-4443
FAX
03-6455-4445
E-mail
contact@nasc-nano.com
Webサイト
https://nasc-nano.com/
設立
1996年4月
資本金
11,781万円(資本準備金を含む)
役員

代表取締役左近 美佐子

取締役西野 有(博士)

取締役多田 いほ子

執行役員樽井 雅美

最高技術顧問新原晧一(長岡技術大学 名誉教授・前学長/大阪大学 名誉教授 招聘教授)

顧問塩川 哲也(元GEキャピタル取締役副社長/元Xerox Corporation 在日代表)

事業内容
特殊被膜材の開発および販売
感染予防・衛生管理に関わる商品の開発および販売
関連会社
ナスクインターナショナル株式会社
https://nasc-group.com/

ヒストリー

ナスクナノテクノロジー株式会社の代表取締役・左近美佐子は「日本を守る」という使命を持った女性リーダーです。

学生時代に読んだ古文書をきっかけに日本の大切さを痛感し、次世代を担う子ども達の教育と日本の伝統文化および技術を伝える活動が重要であると考え、子どもの情操教育を行う自由学校と日本の職人や技術者を支援する会社(旧:左近クリエイション、現:ナスクナノテクノロジー)を1996年に設立しました。

その後、伝統技術を介した技術者との交流がきっかけとなり、ウイルス感染対策の特殊コーティング剤の開発に着手。2009年、新型インフルエンザウイルスの蔓延を抑止する日本発の技術として、開発した抗ウイルスコーティング剤が、世界の国際空港で初めて関西国際空港に導入されました。

その後、2010年に現在世界の最先端セキュリティ機器を扱うナスクインターナショナル株式会社を設立。ナスクグループは、感染対策とテロ対策の双方向から日本の水際対策をささえる、水際対策のパイオニアです。 

日本の安全に取り組み、日本の技術を世界に発信する経営者でありイノベーターです。

1996年
左近クリエイション設立

教育事業と伝統工芸振興事業の会社を設立(現在のナスクナノテクノロジー株式会社)

1996年
子ども自由教室の開設

シュタイナー教育を取り入れ自由な心で表現活動を行う自由学校を開設、12年間で延べ1,500人の子供たちが学ぶ。

・日本の自然の中での人の営みを親子で学ぶ「田植え、稲刈り教室」を花と緑の農芸財団と共同開催。

・伝統工芸士を講師に迎え、3歳から参加できる伝統工芸体験教室を実施するなどの様々な新たな学びの試みを実践。

1996年
伝統工芸プロデュース

経産省伝統工芸品産地プロデューサーとして日本各地の伝統工芸産地に赴き、技術を発掘。JALのカタログなどで伝統工芸品を販売。伝統工芸をより身近に生活に取り入れられる仕組みを作る。

2008年
ウイルス対策の特殊コーティング開発着手

伝統技術を介した技術者との交流がきっかけとなり、ウイルス感染対策の特殊コーティング剤の開発に着手。大学の研究機関で検証しながら製品化を実現。

2009年
国際空港で世界初導入

新型インフルエンザの感染予防策として世界の国際空港で初めて関西国際空港に導入される。

2010年
ナスクインターナショナル 設立

感染予防セキュリティ事業の会社、ナスクインターナショナルを設立

2011年
リセット

東日本大震災により事業計画の大幅な変更を余儀なくされる。

2012年
フィジカルセキュリティ事業の開始

ナスクインターナショナルで海外の事業パートナーより米国国土安全保障省出資の核テロ対策製品の日本代理店を打診され、フィジカルセキュリティ機器を取り扱う事業を開始。

2019年
ナスクナノテクノロジーに社名変更

左近クリエイションをナスクナノテクノロジーに社名変更。

ナスクインターナショナルをテロ対策などのセキュリティおよび感染対策の販売。

ナスクナノテクノロジーは、ナノコーティングの開発・製造。

現在
水際対策のパイオニア企業として

ナスクグループ全体として水際対策のパイオニアとして日本の安全に取り組んでいる。

ページのトップへ移動