TECHNOLOGY
メディカルナノコート

抗ウイルスコーティングのパイオニア、
10年以上の市場実績

2009年新型インフルエンザの流行に伴い、お客様に強く発信できる感染対策として弊社の抗ウイルスコーティングが、世界の国際空港ではじめて導入されました。以来10年以上にわたり、ナスクナノテクノロジーは、感染対策や抗ウイルス製品開発に携わってきた抗ウイルスコーティングのパイオニアです。

メディカルナノコートは、不特定多数の人が集まる場所にコーティングすることで感染リスクを軽減する抗ウイルス抗菌コーティングです。
コーティング表面に付着したウイルス・細菌を常に減らして行く透明バリアのように効果が持続します。除菌などの作業負担を軽減し、化学物質の使用量を最小減にとどめることで環境負荷を抑えながら感染対策を実行できます。

酸化タングステンやプラチナ、セレン、シリカなどをシングルナノサイズ(粒径10ナノメートル未満)に加工した機能性無機粒子が配合されており、これらを均一に密着させる独自の最先端ナノテクノロジーによって、長期間にわたる効果持続を実現しました。(特許第6676659)

メディカルナノコートが選ばれる理由

  • 高い安全性
    第三者試験で安全性を確認。子供が舐めたり肌の触れる場所に使用しても安心です。
  • 室内環境に特化した性能
    感染対策に室内環境で高い効果を発揮する酸化タングステンを使用、さらにプラチナ、セレン、モリブデンなどの機能性無機粒子を複合的に配合し無光でも効果を発揮します。
  • 優れた加工性
    さまざまな素材に対して無色透明の強固で密着性の高い、美しい薄膜を形成し、素材を傷めることなく、長く美観が保たれます。
  • 特許取得の最先端ナノテクノロジー
    シングルナノサイズ(粒径10ナノメートル未満)に加工した6種の機能性無機粒子が配合されており、これらを均一に分散し薄膜で密着させる独自の最先端ナノテクノロジーを駆使した製品です。
  • 国際的に認められた製品
    メディカルナノコートは、日本発の保健衛生分野の優れた技術として、国連工業開発機関のサステナブル技術普及プラットフォームに登録されてます。

ウイルス不活化のメカニズム

メディカルナノコートの酸化タングステン(可視光応答型光触媒)に可視光が当たると活性酸素※1が発生して、ウイルスの外側の構造を構成するたんぱく質を破壊し、不活化※2します。
光触媒は光が当たると何度でも同じ化学反応を繰り返すため、表面が削れたり、はがれたりしない限り効果が持続します。

従来の酸化チタンによる光触媒ですと、紫外線のみまたは、可視光応答型光触媒であっても紫外線にきわめて近い領域の光でのみ光触媒反応をおこすため、LED照明やUVカットの窓ガラスなどを使用した現代の室内環境では不向きです。

メディカルナノコートは、500Lux以下の室内環境でもコンスタントに効果を発揮する酸化タングステンを配合しており、さらに全くの暗所でもプラチナ、セレン、モリブデン等の抗菌機能により効果を発揮します。

※1:活性酸素は有機物を酸化分解する性質があります。ウイルスのタンパク質も有機物ですので酸化分解されます。
※2:「不活化」とは、ウイルスや細菌が活動を停止し感染性をなくすことです。

ナノテクノロジーによる独自の薄膜技術

メディカルナノコートは、配合された材料すべてがシングルナノサイズ(粒径10ナノメートル未満)に加工されています。これらの機能性無機粒子を均一に分散し薄膜で密着させる独自技術により、同じくナノサイズのウイルスや細菌との接触効率が上がり、高い抗ウイルス効果を実現しています。

シングルナノであることで、物の表面の微細な凹凸に入り込み密着力が高まります(アンカー効果)。さらに、すべての材料がシングルナノサイズであることから分子間引力による密着性の強化が得られます。

また、通常の抗ウイルスコーティングは吸着性が高いことから、ホコリやチリ、ウイルスや細菌を引き寄せやすいという欠点がありますが、帯電防止成分や導電性を上げる成分を配合し、チリやホコリ、ウイルス・細菌を付着しづらくしています。さらに、コーティングの持つ優れた親水性により、汚れが落としやすく、水滴が乾きやすいという特徴があります。

メディカルナノコートは独自の成膜技術による複合機能でワンランク上の清潔な空間を作りだします。

試験データを見る
ページのトップへ移動