SUSTAINABILITY
SDGs & STePP

サステナブル技術
普及プラットフォーム「STePP」登録技術

国際連合工業開発機関UNIDO登録技術

メディカルナノコートは、日本発の保健衛生分野の優れた技術として、国連工業開発機関(UNIDO)のサステナブル技術普及プラットフォーム(STePP)に登録されてます。

メディカルナノコートは、SDGsに貢献するサステナブルな技術としてグローバルな問題解決に取り組んでいます。

STePPとは?

国連の専門機関のひとつである UNIDO (United Nations Industrial Development Organization 国際連合工業開発機関) は、開発途上国の持続可能な産業開発を促進し、経済の発展を支援する機関です。

UNIDO東京事務所では、開発途上国・新興国の持続的な産業開発のために、日本の優れた技術を紹介するプラットフォームである「STePP」を提供しています。「STePP」は、「サステナブル技術普及プラットフォーム」(日本語)の略です。

ウェブサイトや展示会、デレゲートプログラム等を通じて、開発途上国・新興国のサステナブルな産業発展に資する日本企業の優れた技術やノウハウを、開発途上国・新興国に広く紹介しています。

弊社登録ページへ

SDGsの取り組み

SDGs

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは,2015年9月の国連サミットで採択された持続可能でよりよい世界を目指す為の国際目標です。

ナスクナノテクノロジーも目標達成に向けて積極的に取り組んでいます。

3.すべての人に健康と福祉を
SDGs

抗菌・抗ウイルスコーティング事業を通じて復興新興細菌・ウイルスのリスクに対応できる衛生環境の基盤作りに取り組み「あらゆる年齢すべての人々の健康な生活を確保し、福祉を推進する」ことを目指しています。

9.産業と技術革新の基盤をつくろう
SDGs

コーティング技術の途上国や新興国への技術移転と事業化に取り組んでいます。

5.ジェンダー平等を実現しよう
SDGs

女性の代表者が率先してジェンダーにとらわれない働き方を推進しています。

12.つくる責任、つかう責任
SDGs

「陶器のリユース、リサイクルプロジェクト」や「廃棄農産物を利用したスイーツプロジェクト」などを通じて持続可能なモノの循環の推進に取り組んでいます。

SDGs

ナスクナノテクノロジー株式会社は
内閣府「地域創生 SDGs 官民連携プラットフォーム」登録企業です

弊社登録ページへ

スイーツビジョンプロジェクト

「味には自信があるのに、形が悪いから出荷できない」
そんな産地さんの相談から始まったフードロスアプローチ。あらゆる場面でフードロスは発生します。
フードロス削減を目指す商品開発の中で様々な問題を美味しく解決します。

                        
フードロス

余剰作物をつかったスイーツ

規格外として廃棄される野菜や果物をつかってスイーツをつくりフードロス問題を解決、材料加工や梱包などを就労支援施設で行い障害者雇用促進しています。

陶器のリユース・リサイクルプロジェクト

燃えないゴミで出されている陶磁器類は最終処分地に埋めたてられているのが現状です。
きちんと分別すれば器はまたあらたな製品に生まれ変わる事ができます。
器が最終処分地に埋め立てられるのではなく、又資源として利用されるような社会の仕組みをつくる活動に参加しています。

                        
リサイクル・リユース

再生陶器をつかった器

再生土をバージン土に混ぜて作っているリサイクル陶磁器容器です。

=プロジェクリーダー=
ナスクナノテクノロジー株式会社 執行役員
樽井 雅美
                         

NPO法人関西ワンディッシュエイド協会理事長 http://www.kansai-onedish.net/

お菓子の食べ歩きが趣味であることから、陶磁器製の菓子容器の最終的な行き場(最終処分場)に疑問を持ち、日本の陶磁器のゴミ問題に気付き、陶磁器の循環系社会の構築を目指したNPO法人日本ワンディッシュエイド協会(現 NPO法人関西ワンディッシュエイド協会)を設立。家庭で不用になった陶磁器を回収し、リユース・リサイクル運動を展開している。

菓子容器のデポジット運動「ワンディッシュエイドスイーツプロジェクト」をスタートさせ、全国の洋菓子店等に運動を波及させる。

奈良県生駒市・奈良市と協働事業を実現。これらの取り組みは高い評価を得、2009年容器包装3R推進環境大臣賞 優秀賞を受賞。

現在は食品廃棄の問題にも力を注いでおり、フードロス削減を目指した取り組みも行っている。

ページのトップへ移動